World Energy Outlook 2016 - Executive Summary - Japanese version

World Energy Outlook 2016 - Executive Summary - Japanese version
Download publication

Edition: 2016
13 pages

気候変動に関する画期的なパリ協定は、今後数十年の世界のエネルギーシステムを変革する。

 World Energy Outlook 最新号は、2040年までのエネルギー予測を収録し、エネルギー部門の変革がどのようなものになるかを、最も包括的に分析している。再生可能エネルギーが抱える主な機会と課題、低炭素エネルギーへの移行に向けた要点、そしてエネルギー効率化が果たす重要な役割などを精査している。

 WEO-2016は、パリ協定後の世界がエネルギー安全保障という考え方、特に気候変動との闘いの最前線に位置する電力部門のそれをどのように定義し直すかを調べている。本書では、石油、天然ガス、石炭が、今日の市況にどのように適応しているかを調査し、必要不可欠なエネルギー供給面の投資の不足から座礁資産に至るまで、将来にわたるリスクを評価している。

 WEO-2016は、個々の国々の誓約に着眼し、各国がその目標からどのくらい近い、または遠いところにいるかを吟味している。世界の気温上昇を2度以下に抑えるためのコースの概略を描き、さらに野心的な目標にさえ到達するために採り得る道程を描いている。

 本年のWEO-2016は、さらに、相互に不可欠な水とエネルギーの関係を取り上げた特別章を設け、これら2部門の結び付きが強まる中で生じる制約を重点的にとりあげている。

詳細な情報については以下のサイトを参照。

Download Executive Summaries in:
EnglishArabic | Chinese | French | German | Italian | Korean  | Polish | Russian | Spanish