Working together to ensure reliable, affordable and clean energy

World Energy Outlook 2013 - Executive Summary - Japanese version

World Energy Outlook 2013 - Executive Summary - Japanese version
Download publication

Edition: 2013
6 pages

 エグゼクティブ・サマリー

エネルギー価格の大きな地域間格差が国際競争力に影響を及ぼす世界で、誰が勝者になり、誰が敗者になるのか。

既存油田の生産減少を補い、かつ需要の増加に応えるには、莫大な量の石油が必要になる。その石油はどこから来るのか。

アジア、欧州及び北米の天然ガス価格が急速に収斂していくための引き金になりうるのは何か。それはエネルギー市場にどのような影響を及ぼすのか。

再生可能エネルギーの自律的成長は可能か。それによりグローバルな気候変動目標を達成できるのか。

化石燃料補助金の段階的廃止と貧困層による近代的エネルギーサービスの利用はどこまで進展・拡大していくのか。

これらの問いやその他の多くの問いに対する答えが、全てのエネルギー源、地域、需要部門における2035年までの見通しを描いたWEO2013に示されている。石油に関しては、その資源、生産、需要、精製、国際貿易の状況を詳細に分析している。グローバルなエネルギーバランスにとって重要な要素であるエネルギー効率についても、他のエネルギー源と同列に取り上げ、その見通しと貢献について一章を割いて提示している。また、ブラジルのエネルギー部門に関する詳細な見通しと世界のエネルギー情勢への影響についても考察している。

Related link: World Energy Outlook 2013 - Executive Summary