Medium-Term Renewable Energy Market Report 2015: Market Analysis and Forecasts to 2020 - Japanese version

Medium-Term Renewable Energy Market Report 2015: Market Analysis and Forecasts to 2020 - Japanese version
Download publication

Edition: 2015
13 pages

再生可能なエネルギー資源は、今や、新たな電力供給の世界を牽引している。エネ ルギーセキュリティーの向上と持続可能性を目指す政策に支えられ、再生可能エネ ルギー電気は、2014年にこれまでで最大の年間導入量となり、世界の発電の設備 増加量の45%以上を占める。再生可能エネルギーの導入は、エネルギー需要が高 まる新興国への移行が続き、中国やインドなどの国々では、再生可能エネルギーの 意欲的な導入が進められている。さらに、持続的な技術進歩、資源条件のよりよい 新市場の拡大、融資条件の改善は、太陽光発電や陸上風力の費用効果を高めて、 更なる高い導入を促進する。

しかしながら、再生可能エネルギーの成長は数年で下落するのか、もしくはさらに 順調に増加することができるか?ここ数年の急速な化石燃料価格の低下は、再生可 能エネルギーの競争力や再生可能エネルギーの支援政策を維持する政府の意欲に 疑問を投げかけている。政策の不確かさは、電力需要が低迷し、急速な再生可能エ ネルギーの導入が既存のユーティリティのビジネス環境を苦難にしているOECD加 盟国に根強く残る。新興市場においては、規制、系統、融資条件の改善が再生可能 エネルギーの成長の課題となる。一方、運輸部門や熱部門での再生可能エネルギ ー利用の進展は、比較的に緩やかである。そして、次世代バイオ燃料と再生可能エ ネルギー熱技術の進展には、市場規模の拡大を意図した支援策が必要となる。

この中期再生可能エネルギー市場レポート2015は、これらの電力、運輸、熱部門のト レンドを評価し、再生可能エネルギー導入のための推進策と課題を明確にし、2020 年までの再生可能エネルギーの導入を予測する。さらに、支援政策の高度化の影響 の大きさを検証し、accelerated caseは、より確実に、世界を、より持続可能で、より 供給が安定的なエネルギーシステムにする経路に乗せると考えられる。

Related links:

Medium-term reports

See also:

Renewables topic page

Renewable Industory Advisory Board (RIAB)