Working together to ensure reliable, affordable and clean energy

energy Russia energy china flag

Energy Technology Perspectives 2014 - Executive Summary - Japanese version

Energy Technology Perspectives 2014 - Executive Summary - Japanese version
Download publication

Edition: 2014
14 pages

将来のエネルギーシステムでは電力がますます重要な進路になるということを前提として、2014年版のEnergy Technology Perspectives(ETP:エネルギー技術展望)は、電力の発電、送配電、消費のための持続可能な選択肢の展開をサポートするために必要な行動を詳しく分析している。ETP 2014は、500以上ある技術の選択肢に対して様々なシナリオの下で2050年までの世界的な見通しをモデル化しているほか、以下の6分野で「限界を超える」可能性を探っている。

l  太陽エネルギー:おそらく2050年までに主流の電源となる

l  低炭素電力システムにおける天然ガス

l  運輸の電化: E-モビリティはどう石油に取って代わるか

l  電力貯蔵:コスト、価値、競争力

l  低炭素発電のための資金調達

l  インドにおける発電事情

2006年の初刊以来、ETPは、最適な政策支援と技術選択が、経済性、エネルギー安全保障、環境要因によって牽引される持続可能なエネルギーの未来へと至る道筋を描き出す報告書となっている。

l  テーマを絞った書籍と論考で、特にタイムリーな主題や分野横断的な課題を探っている。

l  『クリーンエネルギー進捗報告書(Tracking Clean Energy Progress)』は、複数の技術間の相互作用を示しつつ、多様な分野における進歩を寸評する年次刊行物である。

l  ETPによる分析を背景に、IEAの『技術ロードマップ(Technology Roadmap)』は様々な技術分野にわたる変革の潜在的可能性を評価するとともに、普及に向けた行動と中間目標を概観している。

全体として、本シリーズは、エネルギー部門の関係者、政策当局、産業界の役割を明らかにしつつ、長期的なエネルギー政策目標のための環境整備をするために短中期的に講じることができる必要かつ実現可能な措置について広範に解説している。2015年版では気候変動の目標を達成するための技術イノベーションの役割、2016年版では都市のエネルギーシステムについて取り上げる予定である。

ETP 2014は誰の役に立つのか。これまでもETPは、エネルギー分野の専門家(技術アナリストや研究者など)、政策当局、政府首脳、さらにはビジネスリーダーや投資家なども含め、広範囲にわたる多様な読者の注目を集めている。これは、ETPの詳細かつ透明性の高い計量モデル分析と包括的な解説によるもので、これらが最終的にハイレベルな政策メッセージを支えるものとなっている。

Related links:
Energy Technology Perspectives 2014 - Executive Summary - English version