Energy Efficiency Market Report 2013 - Executive summary - Japanese Version

Energy Efficiency Market Report 2013 - Executive summary - Japanese Version
Download publication

Edition: 2013
16 pages

エネルギー供給量を拡大し、エネルギー安全保障を強化し、炭素排出量を削減し、
広い意味で持続可能な経済成長を支える省エネルギーは、「隠れた燃料」と形容さ
れてきた。それは、ありふれた風景の中に隠れている。2011年、省エネルギー市場
への投資は、世界的に見て、再生可能エネルギーや化石燃料発電への投資と同レ
ベルであった。
IEAにとって初となる「省エネルギー市場レポート」は、省エネルギー市場を理解す
るうえで役立つ基本情報、市場とその構成要素の評価に伴う方法論および実践課
題に関するレビュー、省エネルギーの統計分析とエネルギー需要に与える影響と
いった内容を盛り込んでいる。さらに、顕著な省エネルギー市場が存在する特定
の技術分野、今回の場合は家電産業と情報通信技術(ICT)に焦点を当てている。レ
ポートは、特定の分野における現行の省エネルギー市場とそれらが中期的にどの
ように発展するかを示した国別ケーススタディを紹介している。
省エネルギー市場は裾野が広く、多様性に富み、エネルギー消費に関わるあらゆ
る経済分野を含んでいる。市場の構成要素を数値化することは難しく、また比較可
能な報告データが乏しいことから、市場の包括的概観を示すのは複雑である。本
レポートは、省エネルギーに関する質の高いタイムリーなデータが、市場を理解す
るのにいかに重要であるかを強調している。
本レポートは、IEAが提供してきた石油、ガス、石炭、再生可能エネルギーの各市場
レポートに加わるものであり、主要なエネルギー資源としての省エネルギーに焦
点を当てたものである。2020年までの中期的な期間において、投資とエネルギー
コスト削減の動向と予想を端的に解説する。